どの株が仕手株かわかっていれば大損をすることはなかなかありませんが大儲けしようと思い仕手株だと知って手を出す方もおられます。リスクは高いですが大儲けできることもあります。しかし大損をしてきた方を多数みてきていますのでお薦めはしません。

スマートニュースとプライスラインが仕手株する可能性

スマートニュースが仕手株になる可能性というのは極めて低いものであり、その理由としては上場をしてないというものが挙げられます。
上場をしていなければ、株を自由に売買をすることができませんから仕手グループも株を買い集めるのも高く売りつける相手を見つけるのも困難なことになるので、スマートニュースが仕手株化される可能性というのは低いものとなります。
また、上場をした場合にはスマートニュースのような銘柄というのは注目度も高いだけに、仕手グループが株価を操作するのは容易では無いため仕手株化はしにくいものとなっています。
ただし、上場したての頃というのは需給の動向もはっきりしないので株価の値動きというのは激しいものとなり、仕手株のような動きをするということは珍しくありません。

プライスラインはナスダック市場に上場をしている企業であるため、仕手株化される可能性もないわけではありませんが基本的にプライスラインもその心配はありません。
アメリカには仕手株という概念がないわけではありませんが、プライスラインというのは時価総額も非常に大きく簡単に株価を操作することができるような銘柄ではありません。
そのため、このような銘柄を仕手化しようとするには相当な資金力が必要となりますから、世界最大級のファンドであっても株価を操作するのは難しいものとなりますので、現実的に仕手株化するようなことはないといえます。

仕手株に選ばれる銘柄というのは、株価を操作しやすいものが選ばれるので時価総額が大きく注目度も高い銘柄よりも、業績も低迷していて市場から見向きもされないような銘柄のほうが好ましいため、これらの企業は狙われにくいものとなっているのです。